男の人

フランチャイズで小売業は大成功です|ザクザク利益を生み出す

ビッグデータと未来

レジスター

ビッグデータの人気と理由

近年、ビジネス現場では大きく注目を集めているビッグデータですが、実はPOSという形で存在していました。POSは、コンビニや大型のスーパーマーケットなど、全国的に展開している企業・法人が利用することの多い市場分析の方法です。各店舗毎に、売り上げや日時の調査を行うとともに、全店舗を通しての売れ筋・死に筋の把握に多く使われています。非常に人気があり、名前がよく知られているようなコンビニ・ファーストフードでは、特に利用されています。その理由は、「情報力」と考えられます。情報自体が持つ力です。多くの客が、直接通過するレジで、品物を把握しデータ化することで、よりお客様に近く、改善点が分かりやすいからです。個人では、同じ人がレジや仕入れを担当することが多いため、大きな会社などでこそ真価が発揮され人気があるのだと思われます。つまり、POSシステムの人気の理由は「情報の持つ力」と分析できます。

未来の情報管理

今後、ビッグデータ、特にPOSシステムなどは当面の間、需要が伸び、必要とされる時代が続くと予測されます。それには、いくつか理由があります。まず、前の段落でも書いた、POSの持つ「情報の力」です。POSは、他の報告書や分析書類と違い、より現場での情報がダイレクトに反映されやすい分析方法です。商売の相手が人である限り、今何が売れるのかといったリアルタイムの情報は、大きな武器となります。また、POSのデータそのものは、「様々な使い方が可能」です。もともとは、一つ一つの会計ごとのデータの積み重ねのため、特定の商品の分析や、店舗の客層の分析・天候との関わりなど、物事を多角的に分析することができます。以上に挙げた2つの理由より、今後はPOSシステムは更に使いやすく、必要とされるようになると推測されます。